ご挨拶


 社会福祉法人明円寺会夜明にこにこ保育園は、佐藤普昭・蘭女夫妻が昭和26年に明円寺保育園として創立しました。以来明円寺境内を中心に「御仏の教え」を心の教区に取り入れた保育をしてきました。

 平成13年3月に社会福祉法人の認可を受け、平成14年4月に現在地に移転し、現在に至っています。夜明地区ばかりではなく、日田一円から園児が通園しています。

 平成28年10月に、さらなるステップアップを目指して、園名を変更しました。「夜明」は地名ですが、希望に満ちた新しい朝を迎えるという意味もあります。にこにこは、安心・安全・満足そして慈愛の心を具現化したものです。

 園児がにこにこと保護者と手をつないで登園し、にこにこと友達や先生と過ごし、そしてまた、にこにこと先生とハイタッチをして保護者と手をつないで帰っていく。こんな日常の保育園です。

 

理事長 森山雅弘

 夜明にこにこ保育園は真横に汽車が通り、木のぬくもりのある園舎と、自然が豊かで季節の移り変わりを身近に感じることができる園です。

 本園では、子供の生活の場である園が自分らしさを認めてもらえる安心できる場所であることや、自然豊かな環境の中で心と体のより良い育ちを意識した遊びや活動を通してわくわく・心ときめく体験ができる保育を目指しています。

 また地域の高齢者の方々の知恵をお借りしながら、田植えや芋掘りなど核家族では体験できない交流や触れ合いを楽しんでいます。

 

 

園長 渡邉祐子